スイーツ

【野あそび餅】4色の赤福を食べてみた!購入場所と駐車場についても解説!

2018年7月15日から発売されている4色あんの赤福新作『いすず野あそび餅』。

以前は抽選での販売でしたが、現在は先着順での販売になっています。

今回は、購入方法と食べた感想をまとめました。

いすず野あそび餅とは?

野あそび棚外観

いすず野あそび餅は2018年7月15日から発売された赤福の107年ぶりの新商品です。

期間限定ではなく定番商品なので、いつきても購入することが可能!

野あそび餅は四季を通して「野あそび」を楽しむ子どものような気持ちでつくったとのことで、

白あん・緑あん・こしあん・黒あん

の4種類のあんの赤福が2つづつ計8個入っております。

値段は税込760円で普通の赤福と金額は変わりません。また消費期限も通常の赤福と同じ翌日までです。

購入方法について

五十鈴野遊びどころ内

以前は事前の抽選に当選した人のみ購入可能でしたが、現在は当日先着順となり、その日に並んで購入することが可能になりました。

購入方法場所
五十鈴野遊びどころ内 赤福 五十鈴川店 (赤太郎ショップ前の臨時売店)
時間
12時30分より販売開始 ※商品が売り切れ次第販売終了
数量
1人5箱まで

購入場所は今のところ、『五十鈴野遊びどころ内 赤福 五十鈴川店 (赤太郎ショップ前の臨時売店)』の1店舗です。

野あそび餅販売場所

平日であれば販売開始時間の12時半に行けば並んでほぼ購入することができます。ただ、土日はもう少し早めに並んだ方かもいいかもしれません。

駐車場について

駐車場は、伊勢神宮内宮駐車場がおすすめ!

内宮駐車場はいくつかあるの中で、お店の最寄の駐車場はB3とB4となります。

平日であれば最寄りの駐車場に停めることができるかもしれませんが、土日は午前中の早い時間に満車になることが多いです。

個人的にオススメは、私が内宮に行く際に必ず使う五十鈴川沿いのB5駐車場です。

ここの駐車場は土日でも午前中であればほぼスムーズに駐車することができます。

駐車料金についてはどの駐車場も最初の1時間は無料なので、野あそび餅を購入するだけであれば、B5の駐車場からでも十分に可能です。

駐車場の混雑状況については、リアルタイムで確認することができるサイトがあるのでこちらから確認をしてみて下さい。

野あそび餅たべてみた!

野あそび餅の中身

購入したのあそび餅!家に帰ってたべてみました。

白あん
白小豆と手亡豆を合わせて作った白あん。
味はクセがなく非常に食べやすい。子供達はこれが一番気に入って食べていました。私としてはすこし物足りないかなといった感想。

緑あん
大麦の若葉でつくった緑あん。
苦味というよりさわやかな緑の味?みたいな感じです。(笑)
子供には苦く感じたようですが、私はこのなかで一番好きな味です。

こしあん
小豆のこしあん
これについてはもはや説明のいらない安定の味。

黒あん
黒砂糖風味の黒あん。
黒糖あんは想像通りの味。ただ黒糖でも自分で想像していた甘すぎることもなく、まさに黒糖風味でおいしく食べることができる味でした。

私のおすすめの食べる順番としては箱に並んでいるとおり、
白→緑→こし→黒
クセがあまりない順番に食べていくのがいいのではないかと思います。

季節によって味が変わる??

野あそび餅が夏期と冬期で味が緑あんの味が変わります!

緑あんの変更内容【5月下旬~10月中旬頃】
→大麦若葉
【10月中旬頃~5月中旬頃】
→よもぎ

季節で味が変わるのは面白いですね!何回も伊勢に行く理由ができます。(笑)

まとめ

赤福は大阪や名古屋でも購入ができるので、せっかく伊勢に来たのであれば普通の赤福ではなく、野あそび餅をおすすめしま。

個数限定なので、並んだりしなければなりませんが購入する価値はあります!

消費期限も短いので、旅行の日程の都合もありますが購入できる人は是非購入してみてください!

個人的には、二軒茶屋餅もおすすめですよ!

【伊勢名物・二軒茶屋餅】購入場所や値段、アレンジ方法も紹介!伊勢で有名なお餅といえば『赤福餅』ですが、伊勢の三大餅といわれる残りの2つに『へんば餅』と『二軒茶屋餅』があります。 この3つの中でも...