鈴鹿山脈・セブンマウンテン

【ハト峰登山】4歳・2歳の息子とハト峰にチャレンジ!

今回は息子達とハト峰へいってきました。

前日に鈴鹿山脈に雪が降ったこともあり今週は山に行くのをやめようと思ったのですが、長男は山へ行く気満々の様子。

次男に内緒で行こうと思ったのですが、準備しているときに起きてきたので一緒に行くことに。(笑)

最初は菰野富士へ行こうと思ったのですが、先週と同じではつまらないのでハト峰へ行くことに。

一気にレベルアップしますが、無理そうなら引き返せばいいのでとりあえずチャレンジです!

ということで今回は、
『息子たちと鈴鹿山脈にチャレンジ』

【釈迦ヶ岳・登山コース紹介】ルートの特徴や難易度と初心者オススメコースの紹介鈴鹿セブンマウンテンの一つで、真ん中あたりに位置するのが『釈迦ヶ岳』です。 セブンマウンテンの中ではあまり知名度・人気がない山ではあり...

登山データ

日程2018年11月24日(土)
時間8:37~14:00
登山時間4時間31分(休憩52分)
距離6.5km
高低差375m
登山ルート
朝明駐車場→猫谷→ハト峰→林道ルート→朝明駐車場

猫谷コースでハト峰へ

8:37

駐車場に到着した8時半ごろには8割程うまっていました。

駐車料金を払いながら管理の人とお話しをしていると、近くの保育園の園児たちも釈迦ヶ岳やハト峰に登っているとのこと。

釈迦ヶ岳の急登も登っているのかと思うとびっくりしましたが、子供でも何事もチャレンジだなと。

息子たちはどうなるか・・・いざ、スタート!!

まずは舗装された道路を歩いて行きますが子供たちはドングリを拾ったり大きな落ち葉を集めたり。

息子たちが山登りを嫌いにならないよう、自然を楽しむことをメインに歩いていきます。

それにしても時間かかりすぎ!!(笑)

そして、まだ舗装道路でスタートもしてないような段階ですが、普通の道路に息子たちが飽き始めてしまいました。

長男は全然山道じゃないとご機嫌ナナメ。

この時点で次男は抱っこしています。(笑)

もう少しで山だよ。と、長男を励ましながらなんとか舗装されていない道に到着。

すると次男も歩き出し、あえて歩きにくいごつごつした石の上を歩き出します。(笑)

非常に遅いペースで少しずつ。

ちょとした渡渉を長男が初体験。どこに足を置いたら濡れないか考えなが歩いて無事成功。

9:40
そしてハト峰への猫谷と林道の分岐に到着。

今回は谷の道を体験して欲しかったので猫谷へ。

次男も手を繋ぎながら少しずつ歩いて行くのですが、
長男は足元を注意しながら着実に歩いていきどんどん先へ行ってしまいます。(笑)

山を歩いていくことを楽しんでくれてとりあえず一安心。

ただ、この後完全に誤算の出来事が・・・

1年以上前に使った道で、
ロープ場があるのを完全に忘れていました。

登るためにまずはロープの確認をして、次男を抱いて登ります。

長男は私が後ろから支えながらですが、手と足を使いながら自力で登っていきました。

抱っこしながら登るのは非常に危険なので抱っこ紐を使うか、他のルートを使うべきだったと反省です。

10:40
緩やかな谷が終わったら、急登の自然林を歩きます。

少し空が見えて開けた部分が出てきて長男は山頂かと思ったようですが・・・

山頂ではなかった。(笑)

とりあえず記念撮影をしてもう少しで到着するハト峰峠を目指します。

そして・・・

11:04
ハト峰峠に到着です。

ザレたハト峰で食事や景色を満喫

ハト峰峠に到着してとりあえず目の前のハト峰を目指します!

しかし、ザレた急登はさすがに自力で登れず。(笑)

足元が不安定で一歩踏み出すことが出来ないようなので手を貸しながらなんとか登っていきます。

なんとかハト峰に登り記念撮影。

記念撮影をしたらハト峰峠付近まで下りてもぐもぐタイム!

みんなで持ってきたパンやお菓子を食べて休憩をしてからハト峰峠付近で少し遊びます!

ハートの絵のある方へ行きたいということで長男が1人で遊びに行きます。

坂がゆるいところでは小走りをしたりするので注意しながらドキドキして見ていましたが、うまく歩いていました。

そして、ハト峰を満喫したらいよいよ下山です!

下山は林道ルート

12:12
ハト峰を満喫したら帰りは林道から下山です!

少しだけ稜線歩きをして・・・

林道方面に降りていきますがここから少し急な下り坂です。

急な坂に加えてたくさんの落葉で滑りやすくなって危険なので、子供たちと手をつなぎながら下りていきます。

坂を下りれば歩きやすい林道に。

崩壊した箇所を歩く時は息子2人ともが少し怖がっていましたが手をつないでなんとか渡りきります。

ここをこえてからは次男はやまびこにはまってほとんど前に進むことができず・・・(笑)

数百メートル上の山頂付近は前日の降雪でうっすらと白くなっています。

次男はやまびこ遊びが終わったら不機嫌になり抱っこをしながら長男と林道おりていきます。

林道は勾配も緩やかで非常に歩きやすい。

ちなみに次男は抱っこしている間に寝てしまいました。

13:21
林道を歩いて猫谷の分岐へ到着。

ここまできたらあと少し!

舗装された道路まで戻った時には次男も起きて3人で歩いていきます。

14:00
駐車場に到着です。

まとめ

今回は息子2人とハト峰まで登りましたが、反省の多い山登りでした。

反省点は、
ロープ場などの危険箇所を把握していなかったところと、2歳が歩くには無茶すぎた点です。

今回ハト峰に行ったのも過去に歩いたことのあるコースだったので選んだのですが、1年以上行っていなかったので完全に忘れていました。

次男については、途中で抱っこしなければならないことは予想はしていましたが、今回のレベルの山登りは次男には少し早かったのかなと感じました。

逆に長男は私が予想してた以上にバテることなく終始山登りを楽しんでいたので、そこは非常に嬉しかったです。
唯一アスファルトの道が長かった点が長男の不満だった点ですかね・・・(笑)

ハト峰までについては林道を使えば比較的危険箇所も少なく4歳ぐらいの子供であれば登って行けると思うので子連れ登山にオススメです。是非歩いてみて下さい!