和食

【海へ】桑名の100円じゃない回転寿司!値段は少し高くても満足度は高め!

回転寿司海へ

桑名にある回転ずし「海へ」は手軽に立ち寄ることができる雰囲気のお店です。

100円寿司ではないので少しお金はかかりますが、その分満足できるメニューです!

そんな海への紹介をしてきます!

海へのアクセス・営業時間・定休日について

住所〒511-0946 三重県桑名市大字五反田 字口山1922番地
電話番号0594-32-9005
営業時間11:00〜22:00(L.O.21:45)
定休日年中無休
ホームページhttps://www.atom-corp.co.jp/brand/brand.php?brand_no=138

駐車場は隣のステーキ宮との共同の広い駐車場なので、満車で車が停めれなくなることはないと思います。

テーブル席から座敷まで子連れにも嬉しいお店作り~海へはこんなお店~

イオン桑名から県道142号線をサンシパーク方面へ進んでいくと、たくさんの飲食店が並んでいるエリアに回転すし海へがあります。

握りの徳兵衛と同じアトム系列のお店ですが、今のところ海へは桑名の1店舗のみです。

写真が暗くて申し訳ないです・・・(笑)

お寿司は90円~ということで100円よりも安いお寿司もあります。

店内はカウンター席・テーブル席・座敷席があるので、どんなシーンでも使いやすいのは嬉しい。

また、ボックスのテーブル席や座敷があるので子供ずれや落ち着いて食事をしたいときにもおススメです!

今回はテーブル席に案内されました。

海への席

レーンにお寿司は流れておらず、注文すると流れてくる仕組みです。

お寿司は自分で取らなくてもテーブルの中央の緑のレーンに自動で流れてきます。

海への席

この仕組みは僕はテンションが上がりますが、子供たちは自分たちで取ることができないので少しがっかりしていました。(笑)

レーンは透明な板で仕切られているので、レーンを流れているお寿司を子供が触ったりしないか心配しなくても大丈夫!

テーブルには湯飲み醤油などの調味料が、通路側に並べられています。

海への席

子供がお寿司の流れるレーン側に座りたがる子供連れにとっては、大人が座る通路側に置いてあるのは非常にありがたいです。

海へのメニュー

海へのメニュー

メニューは非常に非常に豊富で本格的なものから創作寿司まで様々なメニューがあります。

海へのメニュー

三貫盛や五貫盛などの種類がたくさんあるのでいろんな種類を食べたい僕としてはとても嬉しい!

海へのメニュー

定番メニュー以外にも、仕入れ状況によって変わるおすすめメニューもありました。

地元の魚やお値打ちな魚を食べることができるのも嬉しいポイントです!

海へのメニューを食べてみた!

今回食べたメニューの一部を紹介していきます!

我が家は100円寿司ばかりなので100円寿司との違いについてしか分かりませんが紹介していきたいと思います。(笑)

本まぐろ赤身(380円)

海への本マグロ

個人的にお寿司の定番といえばマグロ!

海へでは、キハダ・ビンチョウ・本マグロの選択ができるのがうれしいところです!

食べてみるとネタの厚さがすごい!!

100円寿司の倍はあるんじゃないかと感じるぐらいネタの食べ応えがあります。

本マグロということで非常に濃いマグロの味です。ちょっとリッチな気分。(笑)

さっぱり食べたい人にはキハダマグロがいいかもしれません。

光物三貫(300円)

光物三貫は左から、しめさば・アジ・コハダ。

海への光物三種盛り

しめサバとコハダはしっかり酢につかっていました。

アジは水っぽくなくしっかりアジの味を楽しむことができました!(ダジャレじゃないよ笑)

サーモン三貫盛り(380円)

僕が行った時には秋のサーモンフェアということで、このサーモンの三貫盛りを食べることができました。

ネタは左から渥美プレミアムラスサーモン・オニオンサーモン・とろサーモン。

海へのサーモン三種盛り

渥美プレミアムサーモンは渥美で養殖された国産養殖サーモンです。

オレンジというよりは赤に近く非常にさっぱりしていて身もしっかりしたサーモンでした。

いつも食べるとろサーモンもいいですが、脂の少ないサーモンもとても美味しいです!

ただ定番商品ではなさそうなので非常に残念・・・

穴子一本焼き(380円)

100円じゃない回転ずしでは定番の穴子一本のお寿司。

海への穴子一本握り

干したものを使っているのか穴子の身が崩れるぐらいの柔らかさを感じることができませんでした。

それでもこのボリュームのお寿司を食べれる機会はなかなかないので注文してみてもいいかなと思います。

茶碗蒸し(260円)

ここからは寿司ネタ以外のサイドメニューについてです。

個人的に定番のサイドメニューといえば茶碗蒸し!

海への茶碗蒸し

海への茶碗蒸しは、あんがかかった茶碗蒸しで、ゆずの皮が入っていて非常にいい香りがします。

ゆず皮は好き嫌いが分かれるかもしれませんので、嫌いな人は取り除いてしまえばOK!(笑)

めんたい・大葉入りだし巻き玉子(420円)

だし巻き玉子は普通のだし巻き玉子(380円)以外にネギ入り(420円)・チーズ入り(420円)などいろんな種類がある中で今回選んだのが、めんたい・大葉入りのだし巻き玉子です。

海へのだし巻き卵

だしをたっぷり吸った玉子は非常に美味しい!

めんたいこの塩味が少し強いですがそれに負けないぐらいの出汁の旨味があり、大葉のがいいアクセントになっています。

お酒のおつまみとしていいんじゃないかなと思います!

お子様セット(380円)

ミニうどんとお寿司・ジュースと、最後にガチャガチャのコインが付いてくるお子様セット。

380円でこれだけ付いてくるとても嬉しいお子様セットです。

海へのお子様セット

幼児であればこのセットだけでも十分だと思います。

もし足りなくても、トータル500円ぐらいでお腹いっぱいになると思うので非常にお得です。

海へのおすすめポイント

  • 老若男女いろんなシーンで使いやすいお店
  • 本格的なお寿司から創作寿司まで種類豊富なメニュー
  • 100円寿司より分厚いネタは食べ応えあり!

コスパは100円寿司より高いかも・・・

桑名にある回転ずし海へは家族でも安心して来店できる気軽なお店です。

100円寿司と比べると値段はかかってしまいますが、ネタの質や厚さなどを考えるとそこまで割高感はなく満足できるかなと思います。

たまには100円寿司じゃないお寿司もいいなと感じました!