グルメ

桑名で人気の九華はちみつを食べ比べ!お土産・プレゼントにもオススメ

九華はちみつの舘養蜂場本店

桑名ではちみつの販売をしているお店「舘養蜂場本店」

「九華(くわな)はちみつ」のブランドで様々な種類のはちみつや、桑名周辺で採取されたはちみつを販売しています。

そんな舘養蜂場本店ではちみつを買ってきたので、お店の様子や九華はちみつを食べた感想についてまとめました!

舘養蜂場本店はこんなお店

舘養蜂場本店は、国道421号の七和小学校前の交差点を七和駅のある南方へ。

七和小学校の交差点からは道幅が狭いので注意しながら進むとすぐにお店が見えてきます。

お店は100年以上前の1912年創業ですが、

2019年にリニューアルオープンをしたということでとてもきれいなお店です。

九華はちみつの舘養蜂場本店の外観

お店の前に2台分の駐車場があります。

七和駅からも徒歩2~3分程で行くことができるので、電車でのアクセスも便利です!

リニューアルオープンした店内はとてもきれいでおしゃれな雰囲気。

いろんな花のはちみつがあり、サイズも豊富です。

九華はちみつの舘養蜂場本店の店内

商品のラベルもとてもおしゃれで自宅用はもちろん手土産やプレゼントとしての利用もよさそう。

定番の商品以外にも、あまり量が採ることができない希少蜜もありました。

九華はちみつの舘養蜂場本店の店内

はちみつ素人の僕にとっては、どれがどう違うのか全く分かりません。(笑)

そんなはちみつ素人にも分かりやすいように、それぞれのはちみつの特徴や、利用方法などの商品説明のポップがあるので、どれを買えばいいかわからないときはポップを確認して商品を選べば自分のイメージに合ったはちみつが買えると思います。

九華はちみつの特徴は??

舘養蜂場本店の九華はちみつ

舘養蜂場本店のはちみつは「九華はちみつ」として販売されていますが、九華はちみつの大きな特徴を2つ紹介します。

地元桑名周辺で採取したはちみつが食べられる

初めて聞いたときはびっくりでしたが九華はちみつ特徴は何といっても、

地元桑名周辺で採取されたはちみつということ。

商品にもよりますが定番商品の中では、「芳春の百花蜜」、「みかん」、「福来花」は桑名や菰野、いなべなどで採取されたはちみつです。

無添加・無加工の純粋国産はちみつ

九華はちみつは桑名周辺や北海道などで採取された国産で、

添加物がまったく入っていない純粋なはちみつです。

なので、風味や栄養価などはちみつ本来のまま楽しむことができます。

無添加・無加工で食べることができるとても貴重な地物のはちみつです。

九華はちみつを食べ比べ!

今回は九華はちみつの30g小瓶で5種類がセットになっている「Petit Honey」を購入。

値段は1500円で大瓶よりも割高ではありますが、

プレゼントはもちろん、それぞれの違いや自分の好みのはちみつを見つけるのにいいと思います。

舘養蜂場本店の九華はちみつ

というわけで、この5つを食べ比べてみて、それぞれの特徴やおすすめの利用方法と食べ比べてみた感想をまとめました!

アカシア

舘養蜂場本店の九華はちみつ

北海道産のアカシアのはちみつはとてもさっぱりとしていますが糖度が高いのが特徴。

コーヒー・紅茶・ジュース・牛乳・ヨーグルトなど飲み物全般にオススメとのこと。

実際に食べた感想は、本当にさっぱりでクセもほとんどないです。

値段は今回購入した中では、アカシアが1番値段の高いはちみつです。

価格130g300g500g1,000g
860円1,650円2,500円5,000円

クローバー

舘養蜂場本店の九華はちみつ

クローバーのはちみつは、クセがなくはちみつが苦手な人でも食べやすいはちみつだそう。

また、クローバーの九華はちみつは品質として最高のとされている北海道十勝産です。

クローバーのはちみつはどんな使い方にも合うはちみつで、ドリンクはもちろん料理やはちみつ漬けなどがオススメとのこと。

食べてみた感想は、個人的にはアカシアのはちみつの方がクセがないように感じました。

ただ、アカシアよりも爽やかな甘味で、アカシアと同様食べやすと思います。

価格130g300g500g1,000g
700円1,400円2,000円4,000円

福来花(ふくらしはな)

舘養蜂場本店の九華はちみつ

福来花とはフクラシという木や、クロガネモチというモチノキからとれるはちみつのようです。

産地は桑名や菰野町でまさに地元のはちみつ!

香りのよいはちみつで、加熱しないパンやヨーグルト、ジュースに入れたりするのがオススメのとのこと。

食べてみた感想は・・・表現が難しいですがエキゾチックというか華やかというかイメージとしてはお姉さんみたいな感じです。(笑)

口に入れた瞬間に口に広がる華やかな味はクセになります!

価格130g300g500g1,000g
660円1,350円1,800円3,600円

みかん

舘養蜂場本店の九華はちみつ

みかんはもちろんみかんからとれたはちみつで、産地は地元桑名です。

みかんのはちみつということで、程よい酸味があり鉄分も豊富。

こちらも福来花となじで、加熱をしないジュースや果物をつけるのにオススメのようです。

食べてみた感想は、確かに奥にある爽やかな酸味はみかんを感じることができます。

価格130g300g500g1,000g
830円1,600円2,300円4,600円

百花蜜

舘養蜂場本店の九華はちみつ

百花蜜はいろんな花の蜜が入っていて、巣箱の中でミツバチが熟成させたはちみつで、コクのある濃い味が特徴です。

いろんな花の蜜が入っているので、毎年味が変わるようです。

利用方法は加熱調理のお菓子や料理以外に、はちみつパックの利用もオススメとのこと。

食べてみた感想は、独特の深みがありクセになる味。

香りに独特のクセがありますと注意書きがありますが、

そのクセが個人的にははまった感じです。

価格は今回紹介して中で一番安いですが個人的にはお気に入りのはちみつです。

価格130g300g500g1,000g
550円1,100円1,400円2,800円

この百花蜜の産地は北海道ですが、桑名周辺で採れた百花蜜は「芳春の百花蜜」として九華はちみつの定番商品として販売もされているので地元のはちみつが食べたい人は芳春の百花蜜がオススメです。

そば蜜が入っているのでそばアレルギーの方は注意してください。

個人的には福来花・百華蜜が好み

今回の感想はシンプルに一口舐めてみた感想ですが、

味の複雑さ・華やかさがクセになる百華蜜や福来花が好きなはちみつでした。

いろんな用途に使いやそうだなと思ったのは、アカシアとクローバー。

用途によってそれぞれの特徴が生かされたり邪魔になったりすることがあると思うので、それを含めて自分の好みを見つけることができるとイイと思います。

舘養蜂場のおすすめポイント

  • 桑名周辺で採れたはちみつが食べられる
  • 無添加・無加工の純粋国産はちみつ
  • 自宅用以外にもプレゼントとしても利用もできるかわいいラベル

舘養蜂場本店の基本情報(営業時間・定休日)

住所〒511-0946 三重県桑名市大字五反田1760
電話番号0594-31-4502
営業時間0594-31-4502
営業日水曜日
HPhttp://www.kuwanahachimitsu.co.jp/index.php
Instagramhttps://www.instagram.com/kuwanahachimitsu/
Twitterhttps://twitter.com/kuwanahoney

まとめ

九華はちみつは桑名周辺で採れたはちみつを購入することができるお店で、普段使いはもちろんプレゼントや手土産にもオススメです。

ぜひ、一度購入して九華はちみつ楽しんでください!間違いなくクセになりますよ!