和食

赤から鍋が美味い!名物メニューと子供連れおすすめポイントを紹介!

赤から桑名店

こんちは!

独身時代は赤からによくお世話になっていたけわぞう(@kewazo1)です!

最低でも月1回。だいたい隔週ペース以上で通っていたと思います。(笑)

そんな赤からも子供が生まれてからは家族で3回程行ったぐらい・・・

今回は1年以上ぶりの赤からで、初めての桑名店へ行ってきました。

以前よりもメニューは多くなっていて、子連れでもより入りやすくなっていました。

赤からのメニューやお店の様子と合わせて、僕の定番の食べ方と、子連れにもオススメな理由についてまとめていきます。

赤からはこんなお店

赤から桑名店の外観

赤から桑名店は1号線のアピタの南の交差点「中央町」を東へ進んで2本目の信号を右折してすぐ。

お寿司屋さん「にぎりの徳兵衛」の隣にあります。

赤からは駅近の店舗と駐車場がある郊外型店舗があり、

桑名店は駐車場があり家族でも行きやすい店舗です。

以前は桑名の北に七和店がありましたが、既に閉店して桑名にはこの1店舗のみ。

最寄りの店舗については、公式ホームページの店舗検索から調べるとわかりやすいです!
公式ホームページ・店舗検索

赤からの店舗にもよりますが、席はテーブルや小上がりなどいろんな形の席があります。

赤から桑名店の店内

子連れにおススメなのは一席ごとに区切られた小上がりの席もあるので、他のお客さんに迷惑がかかることはありません。

また赤からの面白い特徴は、壁に赤からの鬼のようなキャラクターと各店舗の地域の特産や名物が描かれていて、桑名店は石取祭りの絵が描かれていました。

赤からの定番は何といっても「赤から鍋」

しかし、それ以外にも赤からの定番・人気メニューがたくさんあります。

赤からのメニュー

メニューにオススメの食べ方が書いてあるので初めての人は参考になると思います。

けわぞう
けわぞう
赤からの食べ方通りで行くとかなりの金額に・・・

ここから僕のオススメなどを紹介していきます。

赤からのメニュー

赤からのメニューを鍋、焼き物、一品料理とそれぞれ分けて紹介していきます。

赤からの名物赤から鍋の!

まずは赤から名物赤から鍋の紹介!

赤からのメニュー

鍋は2人前から注文可能。

辛さは0~10の11段階でお店のオススメは3番。

0番は辛みは全くないので、辛いのが苦手な人にオススメです。

赤からに来たら、鍋は絶対に注文したいメニューです。

具材はトッピングとして追加注文が可能。

赤からのメニュー

鍋を注文した際に最初から入れても、食べ終わって食べ足りないと感じてから追加注文でもOKです。

けわぞう
けわぞう
最後のシメもあるので、個人的には食べ終わってから追加注文をするか考えるのがオススメです。

普通の赤から鍋以外に、アレンジされた赤から鍋も。

赤からのメニュー赤から鍋の楽しみ方として、最後のシメも必須!

麺類からご飯まで数種類のメニューがあります。

今回は季節限定の赤からもつ鍋というものがありました。

赤からのメニュー

普通の赤から鍋の2.5倍のモツが入っていてそれ以外の具材も少し変更になっています。

スープは濃厚豚骨スープを使用しているとのことで、ここも本来の赤から鍋とは違うところです。

赤から鍋の前に焼肉を楽しむ!

赤からは、鍋の前に焼肉を楽しむのが定番のながれ!

赤からのメニュー

以前は鶏肉がメインでしたが、現在は牛の焼き物がとても多くなったように感じます。

牛の中でも個人的におすすめなのが、脂がたっぷり乗った牛ホルモン。

赤からのメニュー

写真を撮り忘れましたが、牛肉以外に鶏の焼き物も。

個人的にお勧めなのが、鶏肉の「名物3種盛り」

味付けは、赤、塩、味噌の3種類あるのでその日の気分で好きな味付けをチョイス!

けわぞう
けわぞう
赤からということで、赤の味付けがオススメだけでそこそこ辛いっす!

赤からはおつまみなどの一品メニューも充実

鍋や焼き物以外に、おつまみメニューとして揚げ物やサラダなども充実。

辛みそにつけて食べる「赤きゅう」は赤からのイチオシメニュー。

赤からのメニュー

名古屋発祥の赤からということで、手羽先は味噌串カツメニューも。

赤からのメニュー

東海地方にいるとどこでも味噌カツや手羽先のお店もたくさんあるからいちいち赤からで食べなくてもいいかなというかんじです。(笑)

赤からの食べ放題やセットメニューもあり!

名古屋と赤から名物を1通り楽しみたい人にはセットがオススメ。

赤からのメニュー

メニューが多いのでどれを注文すればいいかわからないときはこれを頼んで、そのほか欲しいものを注文してもいいと思います。

さらに、赤からメニューがたくさん食べたい人にオススメなのが食べ放題!

赤からのメニュー

食べ放題にはグレードがあり、食べれるものが違うのでしっかりチェックして注文しましょう。

写真は撮っていませんがその他に桑名店には、当店のおすすめメニューや子供用のメニューもありました!

赤からのメニューを食べてみた!

今回は、焼き物、鍋、その他のメニューを注文したので紹介いていきます。

チーズたまご焼き(590円)

赤からのメニュー(チーズたまご焼き)

チーズたまご焼きは中にチーズが入っていて、卵も少し辛く濃いめに味付けがしてあるご飯もお酒も進む一品。

もちろんですが、チーズがとろとろの熱いうちのほうが間違いなくおいしい!

名物3種盛り(1,090円)

赤からのメニュー(名物3種盛り)

名物3種盛りは鶏かわ・鶏せせり・本日の一品の3種。

本日の一品は塩の鶏モモで、それ以外は味噌味で注文しました。

この量で2人前で、あとから鍋を食べることを考えるとそこまで少なくありません。

人数の半分ぐらいの量を注文するとちょうどいいと思います。

牛カルビ(490円)・牛タン塩(730円)

赤からのメニュー(牛カルビ・タン塩)

今回はカルビとタンの牛焼肉を注文。

もう少しサシの入ったお高めのカルビもありましたがメインは焼肉ではないので安いお肉で済ませました。(笑)

赤からもつ鍋(1,290円)

赤から鍋

焼肉を焼いて食べていると、店員さんがカセットコンロと鍋を持ってきて鍋の準備してくれました。

鍋の穴から蒸気が出たら食べごろです。

ちなみに、お店によって焼き物をやっているコンロで鍋を食べる店舗もあります。

その場合焼き物が終わってから鍋の準備をします。

今回は赤からもつ鍋の1辛を2人前注文。

赤から鍋

具材は少しだけ違いますがほとんど同じ具材です。

少し甘めの旨辛スープがとにかく美味しい!

人数分注文してもあっという間に完食です。

チーズリゾット(390円)

赤から鍋(チーズリゾット)

最後にシメを食べますが、

私の定番はチーズリゾット。

リースリゾットは店員さんが作ってくれ、スープの量も足りなければ無料で追加してもらえます。

今回は2人前注文しましたが、中なかなかの量です。

それでも、旨辛スープととろけるチーズが美味しくて意外と食べれてしまう・・・

軽く食べるだけなら、食べる人数の半分ぐらいの注文数がいいかと思います。

赤からはお子様メニューもあり!

赤からのお子様セット

辛さのない0辛鍋もありますが、幼児の子供が喜ぶのはやはりお子様セット!

子供の食べるものがあるか心配でしたが、桑名店はお子様メニューもあったので全く問題ありませんでした。

赤からのおすすめポイント

  • 赤から名物の赤から鍋がとにかく美味い!
  • 鍋以外にも、焼きもの・赤きゅう・赤から卵焼きなどオススメメニューがたくさん!
  • 幼児の子連れでも入店しやすい!

赤から桑名店の詳細情報

住所〒511-0065 三重県桑名市大央町21
営業時間【平日】
17:00~0:00
【土日】
12:00~0:00
(ランチ営業あり)
定休日無休
電話番号0594-21-7888
ホームページ赤から桑名店ホームページ

まとめ

赤からの旨辛スープはやはりどこで食べても間違いなし!

鍋以外にも焼肉、おつまみ、名古屋名物などいろんなメニューがあるのでいろんな食べ物を楽しめるのもうれしいポイントです。

今回は幼児の子供を連れて家族へ赤からへ行きましたが、座敷がありお子様セットもあるので全く問題ありませんでした。

お店によって違うかもしれませんが、駐車場がある店舗であれば子連れでも入りやすいお店になっているかと思います。

友達や、カップル、家族でぜひ赤からを楽しんでみてください!