イタリアン

【nord(ノール)】いなべにオープン!カジュアルフレンチのランチを食べてきました!

いなべのnord(ノール)

こんにちは!

フレンチというオシャレワードを自分の口から発するのが恥ずかしいけわぞう(@kewazo1)です。

今回は2020年10月10日にオープンしたnord(ノール)のランチへ行ってきました!

フレンチというのが恥ずかしい私ですが、ノールはフランス料理をベースにした料理が楽しめるお店!(笑)

オシャレ具合にドキドキしながら、食べてきたノールのお店の様子やランチメニューについてまとめました!

nord(ノール)はこんなお店

いなべのnord(ノール)の外観

ノールはいなべの北勢町阿下喜地区にオープンしたお店。

店名のnord(ノール)はフランス語で来たという意味で、北勢町にぴったりの名前!

お店は阿下喜で人気の上木食堂(あげきしょくどう)の松風カンパニーの新しい店舗。

ノールでは同じグループの「八風農園」の野菜と、いなべの藤原町にある「フライベッカーサヤ」のパンにあう、フランス料理の食べることができます。

大きな屋根が特徴的な外観。

いなべのnord(ノール)の外観

場所は、上木食堂から徒歩3分の場所ですが、初めての人には少しわかりずらい場所。

阿下喜地区は道幅が狭いわりに交通量も多いので注意してください。

駐車場はお店の隣に8台分と、お店から徒歩1分程の旧阿下喜小学校の桐林館にも駐車可能です。

いなべのnord(ノール)の駐車場
けわぞう
けわぞう
お店の前の道は狭いので、土日のランチタイムなど混雑する時間は、最初から広い駐車場の桐林館を目的地をとしてセットしていく方安心かもです。

この窓の向こうには、調理をする厨房とカウンター。

いなべのnord(ノール)の外観

平日オープンの12時に行きましたがすでに満席。

お店の前のウェイティングボードに名前を書いて順番を待ちます。

店内はカウンターとテーブル席があり、店内は全部で20人ちょっとは入れそうな広さです。

いなべのnord(ノール)の外観

今回はお店が満席だったので、店内を撮影することはできず・・・

 

この投稿をInstagramで見る

 

nord – ノール – 2020.10.10オープン!(@_n_o_r_d__)がシェアした投稿

お店のインスタグラムでチェックすると、お店のカウンターの様子はこんな感じ。

木のカウンターやテーブルはとても落ち着く雰囲気です。

お店を横から見ると掃き出し窓がありとても開放的。

いなべのnord(ノール)の外観

そしてこの隣にもう一つ建設中の建物が・・・

実は、隣の建物は鉄道博物館がオープンするとのことで、建物は旧阿下喜駅舎を模した建物になっています。

電車好きの子供たちがいる我が家にとってはこちらも楽しみです!

nord(ノール)のメニュー

いなべのnord(ノール)のランチメニュー

ノールのランチメニューは3種類!

  • Aランチ(1,500円)
    豚スネ肉の赤ワイン煮込み
  • Bランチ(1,350円)
    八風農園の今の畑を一皿に
  • Cランチ(1,100円)
    自家製チキンコンソメスープ

メニューは日替わりのなので、毎回同じではないですが、

Aランチはお肉をメインにしたランチで、Bは八風農園の野菜をふんだんに使ったランチ、Cランチはスープのランチになるみたいです。

その他にもドリンクとデザートのメニューもありました。

ランチタイムは12時から15時半(14時半L.O.)。

当面は予約も受けないようなので注意してださい。 

nord(ノール)のメニューを食べてみた!

Aランチ~豚スネ肉の赤ワイン煮込み~(1,500円)

今回食べたAランチの豚スネ肉の赤ワイン煮込みがこちら!

いなべのnord(ノール)のAランチ(豚スネ肉の赤ワイン煮込み)

メインのすね肉以外に、サラダ、スープ、パンが付いたセットです。

スープは、本日のポタージュスープで「ジャガイモのポタージュ」

いなべのnord(ノール)のランチ(本日のポタージュ)

スープはまさにジャガイモ!!

コンソメが効いたポタージュも美味しいですが、このポタージュはジャガイモのそのものの味が楽しめるスープでした。

サラダは、アンチョビマヨネーズを付けていただきます。

いなべのnord(ノール)のランチ(季節野菜のサラダ)

サラダはの野菜は、珍しい野菜から聞き慣れた野菜の珍しい品種など、どれも1つずつ味わって食べていきます。

アンチョビマヨネーズもインパクトのある味ですが、野菜の味、食感を引き立てる美味しいソースでした!

メインの豚スネ肉の赤ワイン煮込みはとにかく柔らかい!

いなべのnord(ノール)のランチ(豚スネ肉の赤ワイン煮込み)

すね肉が美味しいのはもちろんですが、付け合わせの野菜がオクラのようにトロっとしていてとても美味しい付け合わせ。

お昼からちょっとした贅沢気分が楽しめるメニューです。

そしてランチについてくるパンが、いなべで人気のフライベッカーサヤのドイツパン「ブロート」です。

いなべのnord(ノール)のランチ(フライベッカーサヤのパン)

2切れのうち、1つはリンゴの入ったパンで、爽やかなりんごの甘さがいいアクセントで美味しかった・・・

少し行儀が悪いですが、サラダやスープ、ワイン煮込みのソースにつけて食べても美味しかったです。

1つ1つのメニュー、1つ1つの食材が楽しめる大満足のランチでした。

Bランチ~八風農園の今の畑を一皿に~(1,350円)

いなべのnord(ノール)のランチ

Bランチは八風農園の野菜たっぷりランチ!

サラダとポタージュスープはAランチと同じですがそれ以外は、

自家製味噌と蓮根のキッシュ・ブルーチーズのマッシュポテト・自家製ピクルスにハーブバターガーリックトースト。

自家製味噌のキッシュは少し甘めで、赤みそに馴染みがある元愛知県民の私にとって口に入れた瞬間は違和感がありましたが、まろやかな味噌の風味と蓮根の食感がいい!

口の中に入れてすぐに飲み込みたくないやつです!(笑)

ピクルスもカドのないまろやかなお酢でとても食べやすい。

ブルーチーズのマッシュポテトは妻が絶賛!

私が家でつまみとして食べているブルーチーズには見た目から相当拒絶しておりましたが、ノールのマッシュポテトはとても感動していました!(笑)

AランチもBランチも、どのメニュー、どの食材も1つ1つを楽しむことができるランチでとても贅沢な時間を満喫できました。

nord(ノール)のおすすめポイント

  • いなべの阿下喜で気軽におしゃれなフレンチがランチ・ディナーで楽しめるお店
  • 松風カンパニーの八風農園の有機野菜と、いなべで人気のフライベーカ―サヤのパンも楽しめる
  • 1つ1つの食材を楽しみながら食べることができるとても贅沢なランチ

nord(ノール)の詳細情報

住所〒511-0428 三重県いなべ市北勢町阿下喜2039
電話番号現在電話はないので、
InstagramのDMもしくは、
上木食堂(0594-82-6058)へ。
営業時間【平日】
12:00-15:30(L.O 14:30)
18:00-22:00(L.O 21:00)
【土日・祝】
12:00-22:00(L.O 21:00)
定休日火曜・水曜
ホームページhttp://matsukazecompany.com/
Instagramhttps://www.instagram.com/_n_o_r_d__/

まとめ

いなべ市北勢町阿下喜にオープンしたフレンチのお店、nord(ノール)のランチは気軽に立ち寄れる雰囲気のとても居心地のいいお店でした。

なんといっても八風農園の野菜や、フライベッカーサヤのパンなど、いなべの美味しいものがここでたくさん食べることができるのがとても嬉しいポイントだと思います。

いろんなお店がオープンしている阿下喜地区がさらににぎわうこと間違いなし!

ぜひノールのフレンチ楽しんでください。

フライベッカーサヤ
【フライベッカーサヤ】いなべにオープンしたドイツパンのお店が美味い!いなべ市藤原町にオープンしたドイツパンのお店「フライベッカーサヤ」へ行ってきました。あまり食べたことないドイツパンが手軽に食べられるサンドイッチがあったり、おしゃれで藤原岳が望めるイトーインのあるおしゃれなお店はオススメです!...